トラバサミ(大)

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
Disambig.png この記事はトラバサミ(大)に関するものであり、Bear Trap.pngBear Trapと混同しないでください。

トラバサミ(大)
Large Bear Trap.png
大きな生き物だけを固定します。
武器
種類 Trap
アイテム
重量 4.0
スタック数 10
追加バージョン v193.0
スポーンコマンド
cheat giveitemnum 380 1 0 0
または
cheat GFI BearTrap_Large 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Structures/Misc/PrimalItemStructure_BearTrap_Large.PrimalItemStructure_BearTrap_Large'" 1 0 0
製作
必要レベル 31
エングラムポイント(EP) 12
製作経験値(XP) 32
製作時間 5秒
前提条件
製作可能 Smithy.pngSmithy
Argentavis Saddle.pngArgentavis Saddle
Castoroides Saddle.pngCastoroides Saddle
Thorny Dragon Saddle (Scorched Earth).pngThorny Dragon Saddle Scorched Earth Icon.png
Tek Replicator.pngTek Replicator
必要な装置 Refining Forge.png Refining Forge
材料
購入 (Mobile)
購入場所 Outpost (Mobile).pngOutpost Logo Mobile.svg
コスト Slips (Mobile).pngSlips× 20 Logo Mobile.svg

概要[編集 | ソースを編集]

トラバサミ(大)は、Ark Survival Evolvedでより大きな生き物を固定するために使用されるアイテムです。一度設置したトラップは、そのトラップを所有しているトライブのメンバーが解体を許可されていれば、そのトライブが拾い上げることができるが、発動してしまった場合は拾い上げることができず、解体するしかないです。RexGiganotosaurusのような強力な攻撃を得意とする大きなトライブに対して使用すると、このアイテムは非常に効果的です。

罠は、中型または大型の恐竜がその上を踏むことで発動します。罠は他のプレイヤーの土台を除いて、マップ上のどこにでも設置することができます。中立の恐竜の下に設置しても、恐竜を怒らせることはありませんが、恐竜が移動するまでは発動しません。一度発動すると、騎乗者は強制的に降りなければならず、恐竜が解放されるまで再騎乗することはできません。罠は金属製の建造物であり、爆発物以外ではダメージを与えることができません。上記の爆薬の使用は恐竜にも害を及ぼしますが、トラップがアクティブになる前に恐竜が攻撃し、そのトラップを破壊することができるバグがあります。あなたがスイングしているときにトラップに当たらないように、あなたのターゲットの前にうまく配置されていることを確認してください。ターゲットの前にいることを確認してください。野生動物はかなり簡単にトラップから抜け出すことができます。ただし、飼いならされた生物は、約800秒続く100ポイントタイマーの減衰を待つ必要があります。

現在、トラバサミはアルファ動物には発動しません(Alpha T-RexAlpha Raptorでテスト済み)。

野生動物はこれらのトラップから小さなダメージを受けます。

このトラップは、GallimimusProcoptodonを飼いならすときに非常に役立ちます。 それらはおよそ10〜15秒で止まり、それらに数発の麻酔弾を入れることができます!

影響を受ける生き物[編集 | ソースを編集]

影響を受けない生き物[編集 | ソースを編集]

ペイントとカラー領域[編集 | ソースを編集]




X mark.svg

The Large Bear Trap is not currently paint-able, however this object may be re-mapped to include paint regions in a future update.

ペイント領域とその使用方法の詳細についてはBlue Coloring.png 染料Paintbrush.pngペイントブラシSpray Painter.pngペイントスプレーのページをご覧ください。