プラントXの種

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
プラントXの種
Plant Species X Seed.png
これを実行可能なLarge Crop Plotに植えて、恐ろしい外見の防御植物を育てます。これにより、侵入者に有毒な胞子を撃ちます!
消耗品 (Humanに関係する値)
種類 Seed
食料 1
アイテム
重量 0.01
スタック数 100
分解時間 2分
追加バージョン v202.0
スポーンコマンド
cheat giveitemnum 386 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Consumables/Seeds/PrimalItemConsumable_Seed_DefensePlant.PrimalItemConsumable_Seed_DefensePlant'" 1 0 0
Hexagon Exchange
Hexagons Hexagon Icon.png 1,000

プラントXの種は、Plant Species Xを殺した後にドロップした種で、レアドロップとして山頂の赤い茂みにも生息しています。現在では沼地にも豊富に生息しています。

栽培[編集 | ソースを編集]

Fertilizer.pngFertilizerと水を含むLarge Crop Plot.pngLarge Crop Plotに配置すると、Plant Species X.pngPlant Species Xが成長します。

  • 1分* 種
  • ~7日* 苗 -> 中間
  • ~5日* 中間 -> 成長
  • ~1-2日* 成長 -> 果実

* 時間はゲーム内

この植物は、Dilophosaur.pngDilophosaurの毒と同じように、ターゲットを盲目にして減速させる毒弾を発射し、さらにTorpidity.pngTorporを上昇させます。

備考[編集 | ソースを編集]

  • 種には2つのバリエーションがあり、1つ目は通常の方法で取得されたもので、もう1つは管理者コマンド(ID 391)を必要とします。種の2番目のバリエーションを菜園に植えると、約30秒で完全に成長します。
  • この種は、Procoptodonの飼いならしにも使用されます。
  • 種は、プラットフォームのサドルに配置されたLarge Crop Plotに植えることはできません(242.0以降)。プライベートサーバーは、サーバー構成設定("?OverrideStructurePlatformPrevention=true")を介して、プラットフォームのタレット(プラントXを含む)を再度有効にできます。
  • モバイル版の場合、残念ながら種が正しく育つとは限らず、十分な水と肥料を与えているにもかかわらず、成熟前に植物が消えてしまうことがあります。

メディア[編集 | ソースを編集]

野生の植物Xの茂み