充電器 (Aberration)

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
Steam.svg Xbox One.svg PS.svg Epic Games.svg この記事は、次の機種でのみ利用可能なコンテンツに関するものです:Steam, Xbox One, PS4, Epic Games.
この生物、アイテム、または機能は、次の機種ではまだリリースされていません Nintendo Switch.
Aberration DLC.jpg この記事は、DLC: Aberrationにのみ存在する要素について記載しています。
充電式発信機
Charge Node (Aberration).png
Structure
種類 Crafting
アイテムスロット 20
アイテム
追加バージョン v275.0

充電式発信機は、Aberrationマップの特定の点の周囲にある建造物です。

使用法[編集 | ソースを編集]

It can be used for manufacturing Element.pngElement. It also serves as a source of Charge Light, Charge Battery (Aberration).pngCharge Batteries can be charged by placing them into the Charge Node inventory. A way to keep from 'breaking' a charge station, and put it into a "hard restart" is to put in ten batteries that are not fully drained. This will ensure that the station may hit 0, but it will not roll over into being completely drained. This will bypass the reset entirely, and it will simply recharge itself. Charge Batteries take 3 minutes and 20 seconds to charge fully.

エレメントを製作することや、たくさんのバッテリーを充電する事に注意してください、ステーションが"過充電"になり、充電ステーションが2分間オフラインになり、33分30秒間再充電されます。この間、充電式発信機はチャージライトを発したり、Nameless.pngNamelessに対してバフしたりをかけたり、またはいかなる充電レベルでもバッテリーを充電したりしません。


そのインベントリを開くことを除いて、ステーションがどれだけの数値を持っているか知るために、一番上を見てください。 ステーションの一番上にある緑色のバーは、近づく時間がない場合に、ステーションの数値がいくらであるかを示します。


30秒でエレメントを作成、5分のダウンタイム、33分30秒の再充電時間、3分20秒のバッテリー再充電時間で、およそ42分20秒ごとにエレメントを作成することが可能です。


レシピ[編集 | ソースを編集]

Name Ingredients Craft Amount Crafting XP
Element.pngElement Green Gem (Aberration).pngGreen Gem× 20 Aberration Icon.png
Blue Gem (Aberration).pngBlue Gem× 15 Aberration Icon.png
Red Gem (Aberration).pngRed Gem× 10 Aberration Icon.png
Charge Battery (Aberration).pngCharge Battery× 8 Aberration Icon.png
Congealed Gas Ball (Aberration).pngCongealed Gas Ball× 50 Aberration Icon.png
Element Ore (Aberration).pngElement Ore× 20 Aberration Icon.png
3 N/A

場所[編集 | ソースを編集]

下記はAberrationの全ての充電できる場所です。 他のリソースを含むより大きな地図については、Strategic Resource Mapを参照してください。

充電式発信機
Hypercharge Node
Aberration Map.jpg
Aberration Map.jpg

備考/トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 充電式発信機の近くでconsole commandの"DestroyMyTarget"を使用することに注意してください。 破壊不可能であるにもかかわらず削除の影響を受けやすく、再出現しないためです。