孵化

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索

ARK: Survival Evolvedでの孵化は、breedingの一環として受精卵を赤ちゃんに孵化させることです。

孵化には時間と安定した温度が必要で、例えば部屋の中で隔離したり、Air Conditionerを使ったり、火を使って温度を上げることができます。孵化した卵が赤ちゃん恐竜に孵化するまでに必要な時間は、親の種類によって異なります。 Table of Breeding

備考[編集 | ソースを編集]

  • 受精卵は、孵化する準備ができるまで、どこにでも保管できます。 彼らが地面にいない限り、彼らは体力を失うことはありません。
  • Air Conditionerの推奨量は、ほとんどの卵を理想的な温度で孵化させるため、5~10個です。
  • 一部の寒い/暑い地域では、より多くのエアコンが必要です。
  • 孵化室の材質によっても断熱性が決まり、わらが一番低く、金属が一番良いとされています。
    • ワイバーンの卵は、その最高温度要件のため、環境から比較的安全になるためには、Scorched Earthでは少なくとも15のAir Conditioner、Ragnarokに12から13のエアコンが必要です。
    • ロックドレイクの卵は、最低気温要件のため、Aberrationに少なくとも19のエアコンが必要で、場所によっては他のマップでは20〜40必要です。
    • Megachelonの卵はRagnarokGenesis Simulationのどちらかの深海で孵化させる必要があります。陸上で孵化させるためには、いくらエアコンを使っても効果がありません。