貯水槽

提供: ARK: Survival Evolved Wiki
移動先: 案内検索
貯水槽
Water Reservoir.png
水を保持するための常設貯蔵装置。 雨の間に自動的にいっぱいになり、ウォータースキン/ジャーを使用していっぱいにすることができます。
建造物
種類 灌漑
体力 5,000
アイテムスロット 4
アイテム
重量 4.0
スタック数 100
スポーンコマンド
cheat giveitemnum 183 1 0 0
または
cheat giveitem "Blueprint'/Game/PrimalEarth/CoreBlueprints/Items/Structures/Pipes/PrimalItemStructure_WaterTank.PrimalItemStructure_WaterTank'" 1 0 0
製作
必要レベル 17
エングラムポイント(EP) 7
製作経験値(XP) 6
前提条件
製作可能 Encumbered.pngインベントリ
材料

貯水槽は、水を入れるための常設の貯蔵装置です。灌漑ネットワークの通常の水源が何らかの形で損なわれた場合に備えて、一時的な水源として機能します。

貯水槽には最大200本の水を貯めることができます。灌漑管に接続して満水にすることはできませんが、降雨時や降雪時には自動的に満水になります。そのため、極内陸部に新たに拠点を作る際や、山腹に拠点を作る際には、雨に埋もれない範囲であれば非常に重宝します。

使用方法[編集 | ソースを編集]

Waterskin (Empty).pngWaterskinWater Jar.pngWater JarCanteen.pngCanteenを使用し貯水槽に水を入れることはできますが、貯水槽から皮袋、水瓶、水筒に直接補充することはできません。貯水槽が接続されているパイプに蛇口を接続します。水は蛇口から流れ出て、皮袋や水瓶から飲んだり、水を補充したりします。

雨や雪を使わずに凝縮した水で満たすことができます。膨大な数でそれを作る、これらのマップに雨が降っていないことを確認すると、Aberration(とscorched earth(確認が必要))に便利な配置になり、水が接続されていない水生成システムになります。

配置[編集 | ソースを編集]

貯水槽はパイプの上に置く必要があります。 (Metal Irrigation Pipe - Intersection.pngIntersectionMetal Irrigation Pipe - Straight.pngStraightMetal Irrigation Pipe - Inclined.pngInclined)。

備考[編集 | ソースを編集]

  • 貯水槽は以前はWater Tankと呼ばれていました。配置された貯水槽を見ると、古い名前のWater Tankがまだ見えます。
  • 貯水槽はパイプの上に配置されているため、タンクが取り付けられているパイプが破壊されると、貯水槽も破壊されることに注意してください。
  • 1つの完全に満たされた貯水槽で、Waterskin (Empty).pngWaterskinを2個、Water Jar.pngWater Jarを1個、Canteen.pngCanteenを2/3個を満たすことができます。
  • 貯水池は水道管に接続する必要があるため、プラットフォームのサドルやいかだに配置することはできません。
  • 貯水槽は木製の建造物として扱われ、手、石の武器、非爆発的な遠距離攻撃によって損傷することはありません。
  • 以下の攻撃的な生物は貯水槽にダメージを与えることはできません:


ペイントとカラー領域[編集 | ソースを編集]




X mark.svg

The Water Reservoir is not currently paint-able, however this object may be re-mapped to include paint regions in a future update.

ペイント領域とその使用方法の詳細についてはBlue Coloring.png 染料Paintbrush.pngペイントブラシSpray Painter.pngペイントスプレーのページをご覧ください。